FC2ブログ
keypal
  • Author:keypal
  • FC2ブログへようこそ!
  • RSS
性欲の星:地球  H・誕生・H・死
ヒトは何故エッチなの? そもそもヒトの性欲は生理的とは言えない。エッチは生き物の中でヒトだけが持つイヤラシイ感情。 でも…
プロフィール

keypal

Author:keypal
FC2ブログへようこそ!


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またですか? -1-
このログはアダルト系露骨記事に 『飽きた』 方々向けです。

まだ夜の明けきらなぬ頃、病室に来た。
朝の便での出張が一泊では済みそうになかったからだ。

母親になった菊代は二日目の昨日とは打ってかわり、
顔の腫れも退いてすっかり元気を取り戻していた。
はや薄化粧も終えている。

真新しい寝巻の、
白地に淡い桃色と薄緑で刷られた一面の絵柄は、
宏一の好きな撫子(ナデシコ)だった。

その菊代がベッドの上に座りなおした。
まだ動きは緩慢だ。
だが、その前を合わせるシグサや襟足に、
宏一は色香を嗅いでしまったのだ。

それは瑞々しかった。

刹那、猛然と官能がたかまり始め、
かつて無いエロスの衝動に宏一は不意を討たれた。

それは、肺腑の底で起きた強い一うねりの蠕動が、
気道を伝わって喉元にこみ上げてくるという体感を伴っている。
二度三度と起きるそれは、動物の反射に近かった。

菊代を、もう二月は抱いていない。その飢えのせいだった。

見詰め返してきた菊代の笑みに、
自分の様子が手応えのように知れたかと
宏一の眼が上擦る。

だが菊代に頓着はなかった。
目で招いて赤児を抱かせると、その頬を指で優しくつつきながら
甘えるような声を宏一に絡めかけた。

『雪が降ったやろ? 実家(サト)で法事があった日』
『宏一さん、覚えてなさる?』
『新家(シンヤ)のカズさんに大きな声でエッチなこと言われて』
『あんな恥ずかしこと無かったわ。まるで見られてたみたいで』
『あの前の晩、宏一さん10分も経ってないのに、また、しなさったやろ』
『二回もは、私、死なへんか思いました』

顔ごと視線を宏一に上げると、一度大きく瞬いてみせた。
(次号へ)


アダルト商法の説明こちら

スポンサーサイト
[PR]


この記事に対するコメント
菊菜で痩せる
菊菜は春菊とも呼ばれます http://kaoliang.sabellsenterprises.com/
【2008/11/09 21:08】 URL | #- [ 編集]

スーツケースはリモワ
リモワの検索サイト。激安、スーツケース、ユナイテッドアローズ、トパーズ、アウトレットなどリモワに関する各種情報をお届けしています。 http://waggly.santamonicatravelodge.com/
【2008/11/29 18:57】 URL | #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://keypal.blog94.fc2.com/tb.php/4-cfff651d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。